モンディーンはスイスの高品質腕時計

スポンサードリンク               プライバシーポリシー

モンディーン腕時計は、知る人ぞ知るスイスの高品質腕時計です。モンディーンというブランドの歴史は約70年前にさかのぼりますが、
エンジニアとして、又デザイナーとしても当時から著名だったスイス人でスイス国営鉄道の職員でもあったハンス・フィルフィカー氏が、会社の指示で駅の時計をつくったことから始まっています。

一昔前の駅にあった時計の形はこれがかなり参考となっていて、太い長針短針や、シンプルでくっきりした四角型の文字盤など、一目見れば「ああ、あのデザインか」と誰もがうなずくでしょう。

そして何と、このオリジナルはスイスでは今でも国鉄の3000以上の駅で使われています。特に有名なのが、スイス・チューリヒ駅の中央口にある、高さ4mの「モンディーン・ミーティングポイント」という大きな時計で、チューリヒ市民の待ち合わせ場所としてシンボルになっています。 丁度、渋谷のハチ公前みたいなものですね。

この駅の時計をオリジナルデザインとしてポリシーを守り、腕時計に仕上げたものがモンディーンの腕時計なのです。
もう少し正確に言えば、モンディーンスイス国鉄オフィシャル鉄道ウォッチ」という呼び方が正しいかもしれません。
モンディーンは社名ですが、会社の設立はブラジルとなっています。 ただし、ポリシーは間違いなくスイスウォッチの伝統を引き継いでおり、現在はスイス・チューリヒに本社があることからもそれがわかります。

SPONSORED LINK


モンディーン腕時計の中で代表的なのは「オートマティック デイデイト」

現在、多くのラインアップを揃えていますが、オリジナルの特徴である、見やすくてスッキリしたダイヤル部分のデザインと、秒針の先が丸くて赤い独特なデザインは、このブランドの共通したポイントとなっています。

更に、モンディーンの腕時計は比較的文字盤が大きいのも特徴で、ファッション的にも個性がありますし、年輩の人が使う場合でも容易に
時間を読みとれ、機能的にも優れています。 こうしたことから、高品質で実用的な腕時計としての評価が高く、若い人からお年よりまで幅広く愛用される実績を持っています。

モンディーン腕時計のモデルの中で代表的なのは、「オートマティック デイデイト」でしょう。 最近の腕時計はクォーツが多い中、伝統的な
自動巻きムーブメントを採用したレアなモデルがこのタイプの特徴で、ケースの裏蓋部分はシースルー型のケースバックになっていて、
機械の鼓動までもが聞こえてきそうで雰囲気たっぷりです。
ケースサイズは直径40mmと大きめで、まさにモンディーンの腕時計のスタンダードといえます。防水性も3気圧防水となっていて安心です。 もちろん、女性用のアイテムも揃っていますから、ペアウォッチもいいものです。

スポンサードリンク